月例ワーク@東京[総合講座2021 Vol.1]レポート

セミナーレポート東京 総合

令和3年も6月となり、折り返しの時期に。今年は新たな会員も増やした為、月例ワークでは、「総合」として改めて基礎的な内容を振り返る回となった。

まずは高橋理事がWWDC21やGoogle#I/Oといった発表会から読み取れる、すぐそこに迫る未来とそれによって引き起こされる変化に対して、どのように対応するべきかという話。つづいて松村理事長から、自費移行に関する基礎講座。新しいメンバーの中には未だ保険を使っている院もあり、早期に自費へと移行するためなら絶対に外せないノウハウが語られた。

最後は島田理事が、3年目になったラボの成果と各自の進捗を振り返り、確実に前進しているが、今後も着実に進んでいこうと檄が飛んだ。今年の後半戦も引き続きラボは進化のスピードを緩めることなく、進んでいく。